2013年03月12日

そうだ「高校」に行こう

こんばんは。学習アドバイザーの佐藤正治です(^^)

最近はずいぶん寒暖の差が激しいですが、いかがお過ごしでしょうか?

色々なブログを見てみると、都内では梅がようやく咲き始めたくらいのようです。桜の開花予想も今月の22日頃だそうですから、今年はもしかしたら梅と桜が同時に観られるかもしれませんね。

さて、もうすぐ春休みになりますが、今年3年生になるお子さんに春休み中に是非していただきたいことがあります。

それは志望校を見に行くことです。

もちろん、学校見学をしている時期ではないので、校内に入ることはできないかもしれません。

ですから、校門の前まででもかまいません。お子さん自身の目で志望校を見てきて欲しいのです。

できるなら、校門の前で記念撮影をしてきて欲しいのです。

これはお子さんの学習のモチベーションを上げるために非常に有効な方法です。

私もそうでしたが、多くのお子さんにとって今の時期はまだ「受験生」という気持ちができあがっていません。

それは目指すべき「高校」というもののイメージが余りに漠然としているからです。

そんな状態では、その高校に入るために勉強しろといってもモチベーションは上がりません。

あなたも「この仕事が成功したらとにかくすごいボーナスを出すから頑張ってくれ」と言われて仕事に対するモチベーションが上がらないですよね?

ですから自分の目で見て、イメージを明確にする必要があるのです。そうすることでモチベーションを上げやすくなるからです。

色々な本からの情報や先輩や他人からの話で、その高校に対するイメージが出来ているかもしれません。でも、実際に見てみるとまったく違う印象を受けるかもしれません。

もし「なんとなく違うな」と感じたら、他の志望校を検討してもいいでしょう。

入試日程が近づくにつれて、志望校の選び方は成績のみを重視しがちになります。

けれども、そういう選び方は後悔を残しやすいものです。

そうではなく、「校風」を感じて、お子さん自身が納得できる学校を選んで欲しいのです。

仮に現状では成績面で難しいと思える学校であっても、今から努力すれば充分間に合います。

もちろんその学校に必要な学力が現状との差が大きければ大きいほど、相当な努力が必要になります。

たくさんの苦しい思いをすることもあるでしょう。

そういう時お子さんの助けになるのが「この学校に絶対入りたい」という強い思いなのです。

今はまだ志望校を決めていないというお子さんも多いと思います。

そういう場合ならなおさら「この学校いいかも?」と思えるところをいくつも実際に見に行って欲しいのです。

そうするうちに段々と志望校が明確になってきます。

是非、お子さんにはこの春休み、高校を見に行くように勧めてみてください(^^)
タグ:見学
posted by フランケン佐藤 at 23:00| Comment(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。