2009年12月17日

xfy Blog Editor 記事編集編

2010/1/13追記;

残念ながらxfy Blog Editorは本日付で公開中止となってしまいました。こちらの記事は投稿記録として保存しておくものです。

こんにちは。フランケン佐藤です(^^)

今日はxfy Blog Editorの記事編集についてです(^^)

まず、xfy Blog Editorを起動します。

起動したら、左にあるブログの一覧から記事を書くブログを選択します。

続けて、エントリーの新規作成ボタンをクリックします。

新しくウィンドウが開くので、そこで記事を書いていきます。

基本的に記事の編集方法はワープロと同じです。

基本的には文章を書き、何か装飾を施す場合は、

  • 変更したい部分を選択する
  • 変更を加える

と言う方法で装飾を施します。

例えば行頭に記号や数字がついたリストを作りたい場合、まず、その部分の文を書きます。
続けてそこを選択します(マウスで左ボタンを押したまま指定します)

続けて番号なし、番号付き、説明付きのいずれかのリスト作成のボタンをクリックします。

これでリストが作成されます。

他の装飾や書式も同じように設定できます。

ボタンや右クリックで設定できるものの他に、[書式]メニューにインデントもあります。

 

また、

このような仕切り線などをいれることもできます。

 

これらは右にある[ストック]タブをクリックして表示を切り替えて

一覧を表示させ、その一覧から挿入したい部品をマウスでドラッグ

(選択した後、マウスの左ボタンを押したまま移動させること)して、挿入できます。

 

 

一通り記事を作成し終わったら[ファイル][プレビュー]で、実際のブラウザでの表示を

確認することが出来ます。

 

 

編集が終わったらいよいよ記事をアップロードします。

右のタブを[エントリー詳細]に切り替えます。

ここで設定できる内容は利用するブログサービスにより異なります。

SEESAAの場合は[カテゴリー][投稿日時]の設定が出来ますがアメブロでは出来ませんでした。

 

設定が終わったら、[保存/サーバーへ反映]ボタンをクリックするとサーバにアップロードされます。

まだ途中でいったん保存する場合は[保存]ボタンを押せば、パソコンに保存されますが、サーバにはアップロードはされません。

 

アップロードしたら、それぞれのサービスにログインして、記事の一覧から
アップロードした記事を確認してください。

 

xfy Blog Editorからでは設定できない項目や、改行による空白でレイアウトを
調整していた場合は崩れている場合があるので、それを設定してください。

(空行を入れるには、二回続けて改行したり、改行後、全角スペースを入れることで出来る場合もあります)

 

二度手間に思われる方もいると思いますが、ブログサービスに標準のエディタでは
使えない装飾も簡単にすることが出来るのはメリットだと思います。

  

そして何より、自動的に記事のバックアップを取ることになるのが良いと思います。

  

是非、一度使ってみてください(^^)

posted by フランケン佐藤 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。