2009年12月31日

会計ソフトにデータを取り込もう

こんにちは。フランケン佐藤です(^^)

今年もいよいよ終わりですね。

このブログも11月から(休み休みですが(^_^;)無事続けてこられたのも読者のあなたのおかげです。

本当にありがとうございました。

また、来年も色々な情報をお届けしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日は前回の続きの帳簿の手抜きの仕方です。

前回はネットバンキングを使うことでお金のやりとりを自動的にデータとして記録する方法をお話ししました。

しかし、データこのままではちゃんとした帳簿として使うことは出来ません。

そこで利用するのが会計ソフトです。

このソフトを使うことで自動的に青色申告に必要な貸借対照表まで作れるようになります。

ただし、ネットバンキングのデータを活用するためにはネットバンキングのデータを取り込めなければなりません。

そこでお勧めのソフトをいくつかご紹介したいと思います。

経理システム

無料の経理ソフトです。無料でありながら機能的には必要十分のものを備えています。

注意点はデータの取り込み方です。

csv形式でデータを取り込むことが出来るのですが、ネットバンキングのデータをそのまま取り込むことは出来ません。

Excelなどでこのソフトにあった形式にデータの順番を変更しなければなりません(例えば、ネットバンキングでは1列目に記載されている金額のデータを3列目に移動したり、日付の形式を経理システムに会わせた形に変更するなど)。

csv形式でデータを取り込む機能は市販の会計ソフトならば大体持っていますが、このソフトは無料だというのが一番のメリットです。

自動会計ソフトネット君

税理士さん監修のネットビジネスをしている方用を謳った会計ソフトです。

こちらのメリットはネットバンキング対応を謳っており、ネットバンクのデータの取り込みが楽な点です。

また、経理知識にあまり詳しくない人でも使えるように色々な工夫が施されています。

さらに通常の会計ソフトだと毎年バージョンアップ費用がかかりますが、こちらは毎年のバージョンアップ費用がかからないのも有利な点と言えます。

もう一つメリットを上げれば、現役の税理士さんが開発に携わっているので、ユーザーフォーラムで色々と相談に乗ってもらえると言うこともメリットだと言えます。

逆にデメリットは以下のことが考えられます。

  • 現状対応しているネットバンクが少ない(09/12/31現在、イーバンク、ジャパンネットバンク、三井住友銀行、りそな銀行、東京スター銀行、新生銀行)ただし、これは今後順次拡大していく予定だそうです。
  • 経理システムにも言えますが、申告書を作る機能はありません。(これがないために更新が不要となり、国税庁の確定申告システムを使えば申告書を作ることは可能なのでため、必ずしもデメリットとは言えませんが)

やよいの青色申告

会計ソフトでは最も有名なソフトの一つである弥生会計の個人向け版です。

このソフトのメリットは

  • 取り込みの出来る金融機関が多い(銀行・証券・カードあわせて125社以上詳しくはこちら)
  • 青色申告書まで作成できる
  • 販売数が多いので入門書が多く、ネットでの情報が集めやすい
  • 上位バージョンや給与計算、販売管理、顧客管理など関連ソフトがあり、将来の拡張性が高い

といったところです。

逆にデメリットとしては

  • 毎年更新が必要で更新料が高い(更新しないと申告書の作成機能やネットバンキングの取り込み機能が使えない)
  • サポート電話に繋がりにくい

があります。

このようにいずれのソフトもメリットデメリット両方ありますので、自分にとってのメリットデメリットを見極めて選ぶ必要があります。

きちんと帳簿を付けると、自分の会社の健康状態が分かります。

単に申告に必要だという受け身な姿勢ではなく、よりよい会社経営に必要だという積極的な姿勢で帳簿を付けることを考えてみたらいかがでしょうか?(^^)

posted by フランケン佐藤 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

確定申告を手抜きしよう

こんにちは。フランケン佐藤です(^^)

もういくつ寝〜る〜と お正月〜♪

と言う時期になってきました(^^)

今年週末起業で大きく稼がれた方、おめでとうございます(^^)

来年も是非、大きく稼いでください(^^)

申告しなくても大丈夫?

しかし、大きく稼ぐと気になるのが税金です。

「自分は大して稼いでいないし、誰にも言っていないから、申告しなくてもバレないだろう」

と考えているあなた。

考えが甘いです。

壁に耳あり障子に目あり、なぜか税務署はお金を稼いでいる人を見つけ出します(笑)

以前、会計事務所に勤めている時に思ったのですが、公務員の中で一番費用対効果に厳しいのは税務署の方ではないかと思います。

なぜなら、100円の税金を回収するのに、100円以上費用を掛けては意味がないからです。

そうなると「いかに大金をいかに費用を掛けずに回収できるか」と言うことが重要になってきます。

そう言う意味で「申告していない個人事業主」は良いカモだと私は思っています。

なぜなら、申告していない個人事業主の多くは帳簿を付けていません。

帳簿を付けていないと

  • 青色申告をしていないから青色申告控除が適用されない分、余計に税金を取れる
  • きちんと領収書などを保存していないから、費用として認められる金額が少なくなり、その分利益が増えるから税金を多く取れる

からです。

さらに、税金を納めていないととんでもない利息が付きます。(期限後2ヶ月間は年利7.3%もしくは前年の11月30日の公定歩合+4%のいずれか低い方、それ以降は年利14.6% ちなみに武富士の利息は9.125%〜14.6%)

さらにさらに、悪質な脱税だと認定されると罰金のおまけが付きます(^_^;

確定申告の手抜きの第一歩は「現金を使わない」こと

ここまで脅されると、

「絶対申告しよう」

と思われる方も多いかと思います。

しかし、帳簿をつけるのが面倒だというのも事実。

そこでお勧めしたいのがネットバンキングです。

多くの方がすでに使っていらっしゃると思いますが、なんでネットバンキングをお勧めするかというと、データをcsv形式で保存することが出来るので、いちいち帳簿をつけなくても、それで帳簿を作ることが可能だからです。

また、クレジットカードも多くの会社でネットから利用記録をcsvでダウンロードできるようにしています。

つまり、支払いも出来るだけデビットカードかクレジットカード、もしくは銀行振込をつかって、現金を使わないことによって、それだけ手入力の帳簿を付ける必要がなくなるのです。

帳簿を付ける手間を省く一番の方法は「現金を使わない」と言うことです。

しかし、これだけではExcelでいちいち計算するという手間がかかりますし、青色申告控除の対象となる、決算書を作るためにはかなりの経理の知識と手間がかかります。

そこでさらに手抜きをする方法を次回、お教えします(^^)

posted by フランケン佐藤 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

セミナー・プレゼンの強い味方〜Professional Presenter R800

こんにちは。フランケン佐藤です(^^)

寒さに強いつもりでいましたが、最近、ストーブを付けていないと手が冷たくなりキーボードを打つのが辛くなってきました。

ななたもどうぞ風邪には気をつけてくださいね。

さて、今日はプレゼンやセミナーの時に役に立つ小道具をご紹介したいと思います。

人によって色々なスタイルがありますが、私はセミナーやプレゼンの時には出来るだけ、パワーポイントを使う口です。

なぜかというと、非常に悪筆なので(^_^;

誰にでも読めるように丁寧に書くと時間がかかりすぎてしまうんです(^_^;

私のように消極てっきな理由ではなく、積極的にパワーポイントなどのプレゼンソフトを使っている方も多いかと思います。

さて、パワーポイントを使ったプレゼンの時に一番不便なのが、パソコンのそばを離れられない事ではないでしょうか?

 

パワーポイントを使ったとしても、板書をしたい時もありますし、参加者と会話したい時もあります。

あるいはプロジェクタの設置場所の都合で話をする場所からパソコンを離しておかざるをえない場合もあります。

こう言う時、パソコンから離れてしまうと操作できなくなってしまいます。

そこで役立つのが、この ProfessionalPresenterR800 です。

これはレーザーポインターにワイヤレスでパワーポイントを操作する機能が付いたものです。

これを使うと約10m離れたところからでもパワーポイントを操作することが出来ます。

 

これなら離れた場所にPCを設置された場合や、板書などで会場を動くことも出来ます。

また、画面を一時的に非表示にすることも出来ますので、一時的にスライドショー設定をやめて、他の画面を操作する時など、参加者に見苦しいところを見せずに済むのも便利です。

細かいところですが、タイマーが付いているのも便利だと思います。

私も経験があるのですが、話しているうちにそれに熱中して、時間配分を誤り、言いたいことを言い切れずに時間が来てしまったと言うことはないでしょうか?

タイマーが振動で残り時間を教えてくれます。正確な時間が知りたい時は、分単位で本体の液晶画面に表示されています。

それからちょっとしたポイントですが、レーザーの色が赤ではなく、緑というのも珍しく差が付けられるかもしれません。視認性も赤よりも良いため、プラズマディスプレイなどの画面でも見やすいそうです。

使い方も簡単で送受信機をパソコンのUSBソケットに差し込むだけでソフトをインストールしなくて済むというのもポイントが高いと思います。

自分のPCを持ち歩かなくても先方のPCで使えるのは便利ですから。

週末起業でコンサルタント業を目指している方はセミナーの仕事も多くする必要が出てくると思います。

是非、これを使ってよりよいセミナーやプレゼンを行ってください(^^)

posted by フランケン佐藤 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。